星

🌠星空NOW (2021年10月)
2021.9.20|星

日没が早くなり秋が進む頃になりました。夕空には南西に宵の明星(金星)が一番星として輝き、南の中天、右に土星、左に木星が簡単にみつかります。一番明るいのが金星、続いて木星、そして土星の順です。この3つの明るい惑星は、日々少しずつ位置を変えていきますが、10月〜11月にかけて観望するのにとてもよい時期になります。

 

10月8日   寒露(かんろ)     (野草にかかる冷たい露、本格的な秋の始まり)

10月8〜9日   りゅう座流星群 (別名ジャコビニ流星群、かつて流星雨もあった)

10月9日    ISSきぼう   (18:11〜西に見始め〜南西40° 〜南に消える)

10月9〜10日 夕方~宵、細い月と金星、アンタレスが見かけ接近、美しい

10月中旬   金星とアンタレスが見かけ接近 (金星明るくアンタレスが比較暗い)

10月12日   いて座φ星の食  (21時頃、月が前を通り星が隠れる)

10月21日   オリオン座流星群 (1時間あたり数個 ピークなだらか・母天体 ハレー彗星)

10月23日   霜降(そうこう)        (露が霜に変わり、朝夕涼しさから寒さへ)

10月25日        水星西方最大離角 (水星が明け方東の超低空に短時間見える)

10月30日   金星東方最大離角 (金星が夕方南西の空に見かけ太陽から一番離れ輝く)

 

※「ISSきぼう」国際宇宙ステーションは、大阪から夕方のチャンスのみ記載しています。明るい星が星空をバックに移動していくようすが5〜7分ほど見えます。(数分の誤差あり)

 

山門前、秋の夕暮れ

« »