法話・感話

今年も彼岸花が咲きました。

 

 

真っ赤な彼岸花が見頃です。

 

暑さも一区切りで朝夕の風が秋を感じさせる頃になると不思議な程、きっちりと咲きだします。

気温が下がった頃という感じがしますが、昼と夜の日照時間によって開花するとも言われます。

 

また種を作らず、球根で増えるのが特徴で、これは誰かが植えたということです。毎年同じ

ところに咲続けていて、多分先代が植えたのだと勝手に思っています。

 

「そろそろお彼岸やぞ、本堂の準備できてるか」と、だれかの声が聞こえるようです。

 

 

◎彼岸花 (別名・曼珠沙華)

彼岸花を「曼珠沙華」(まんじゅしゃげ)と呼ぶのは仏教からきたともいわれ、お経にはお釈迦様

が法華経を説きおわったあと、結跏趺坐され瞑想三昧の境地に入られた時、天より曼陀羅華・

曼珠沙華が降り注ぎ、それが仏の上や諸々の大衆に散らばり、仏の世界は六方に震動したと

表現されています。

 

・曼珠沙華・・四華の一つで、法華経が説かれる際の瑞兆として天から降り、柔軟花赤団華

    とも漢訳され、赤い花とされ、見る者の固い心を柔軟にするともいう。(岩波仏教辞典)

« »